サンライズシャック ブルーアサイーボウル

ハワイ3日目。今回のハワイ旅行では色々なお店のアサイーボウルを食べようと決めていたので、今日はワイキキのアウトリガー・ワイキキビーチリゾートホテルの1Fにある、サンライズシャックに。同店はノースショア店から始まったお店ですが、ちょうど、宿泊ホテルのハイアットリージェンシーの真向いのホテルにあるので、朝食に行ってみました。

DSC_7989.JPG

この看板のアサイーボウル、全部食べてみたいですね。
DSC_7978.JPG






この明るいお店の雰囲気、いいですね。お店の方もフレンドリーです。
DSC_7987.JPG

オリジナルTシャツなどのグッズもありますね~。
DSC_8404.JPG

そう、なぜサンライズシャックのアサイーボウルかというと、ここでしかお目にかかれない、「ブルーアサイーボウル」を食べてみたかったからなんです。
DSC_7975.JPG

見た目には鮮やかなブルーのアサイーボウルって、どんな味なんだろ❔ブルーに着色したアサイーかい❔っていう怖さも少しありましたが、これは海藻類の成分であるブルーアルジーというもの。なので、無着色・無添加のナチュラルフードというわけです。

さて、カウンターでブルーアサイーボウル(メニューには「BLUE DREAM BOUL (ブルードリームボウル)」と書いてある)を注文($11.95)し、窓側のカウンター席に。

DSC_8405.JPG

きました、ブルーアサイーボウル。イチゴとブルーベリーが交互にあしらわれ、グラノーラの下にブルーのアサイーが見えます。
DSC_7981.JPG
DSC_7979.JPG

さっそく、アサイーをスプーンですくってみると……お~、ブルーですね!
DSC_7985.JPG

正直、味は想像できなかったのですが、クセもアクもない、フルーティーな味で、イケます!!美味しいです!

ラージサイズ($13.95)でもよかったかなと思うくらい、もうちょっと食べたいと思うほどでした。滞在中、もう1度食べに来たいです。

サンライズシャックでしか食べることのできないブルーアサイーボウル、ワイキキをブラブラしながらのおやつタイムにもおススメです!


※この記事は2019年11月に旅行したときのものです。













posted by Eisuke at 20:15Comment(0)日記

レストラン燦鳥(サントリー) 鉄板焼きディナー

ハワイ二日目の夜は前回も行ったRestaurant 燦鳥(サントリー)で鉄板焼きディナーを食べに行きました。


ハワイの鉄板焼きディナーといえば、田中オブ東京(ワイキキショッピングプラザ内他)や紅花(ヒルトンハワイアンビレッジ)がありますね。
シェフのパフォーマンスを目の前で見ながらのステーキを堪能するのもとても楽しいですが、僕はこの燦鳥の落ち着いた雰囲気も好きです。

燦鳥の場所はロイヤルハワイアンセンター2階、この看板が目に付きます。

IMG_20200521_201647.jpg

さて、シェフが目の前で焼いてくれる鉄板席に座り、ステーキ&ロブスターコース($92)を。

サラダ・刺身盛りの後、玉ねぎとズッキーニ、椎茸の野菜焼き。この焼き野菜の特に玉ねぎの香りがいいですね~。

IMG_20200517_110640.jpg

次はロブスターテール。シーフードの極みです。シェフの焼き方はやはり素晴らしく、香ばしくて味を崩さず柔らかい口当たりです。
IMG_20200517_110728.jpg
IMG_20200521_182053.jpg






そして、牛フィレ肉も柔らかくジューシーで見た目通りの美味しさでした。
IMG_20200521_181518.jpg
IMG_20200521_181558.jpg

コースの終盤に出るチャーハン?焼き飯?も美味しかったです!
DSC_7910.JPG
IMG_20200521_182257.jpg

鉄板焼きディナーのお店選びに迷ったら、燦鳥(サントリー)に行ってみましょう。
特に落ち着いた雰囲気が好きな方には絶対おススメです。

(前回⇒鉄板焼きディナー 燦鳥)

※この記事は2019年11月に旅行したときのものです。
posted by Eisuke at 20:10Comment(0)日記

クイーンカピオラニホテル 肖像画&絶景ダイニング

ハワイカイからワイキキに戻り、はたと思いついてカパフル通りのホノルル動物園近くにあるクイーンカピオラニホテルに立ち寄ってみました。

DSC_7873.JPG

こちらのホテルも非常に歴史の古いホテルで、多くの著名人が宿泊したホテルでも知られていますが、今回立ち寄った目的は、カラカウア王族やカピオラニ王妃の肖像画を見たかったのです。肖像画はエレベーターで2階で降りると、2階~3階の階段壁面に飾られています。
DSC_7853.JPG
DSC_7854.JPG
DSC_7856.JPG

カラカウア王のハワイ王国時代終盤の1800年代後半(米国に併合される前)までハワイの発展に寄与したカピオラニ王妃の肖像画
DSC_7858.JPG

カラカウア王とその横は王妃(名前が出てこない…)だろうか。これほどの偉大な方々の肖像画を間近で見られる場所はないのではないだろうか。
DSC_7860.JPG
DSC_7859.JPG

ホノルル美術館やハワイ州立美術館にも行ってみたいが、ワイキキを散策しながら、気軽にハワイの歴史に触れてみたいという人には是非立ち寄ってみることをお勧めしたいです。ホノルル動物園のすぐそばで、ワイキキビーチからも近いので、休憩がてらいかがでしょうか。
ちなみにホテル1階にはとても居心地の良い広いカフェスペースもありますよ。

DSC_7872.JPG






そして、その階段を3階に上がると、オープンエアのダイニングレストラン・Deckがあります。
DSC_7862.JPG
DSC_7870.JPG

隣にはプールもありますね。ダイヤモンドヘッドがこんな近くに…
DSC_7867.JPG

お腹いっぱいでしたので、Deckは見学のみにしましたが、オープントップのレストランからはダイヤモンドヘッドが大きく見えて、まさしく絶景ダイニングです!

サンセットの雰囲気もとても気になります。今度、是非行きたいですね!


営業時間はAM6:30~で、朝食メニューも充実してるようです(HP⇒Deck.)。


※この記事は2019年11月に旅行したときのものです。






posted by Eisuke at 20:43Comment(0)日記